iPhone/AndroidからOpenVPNへ接続する。

スマートフォンからOpenVPNで構築したネットワークに接続する方法です。

手元にあるのがiPhoneだけなので、iPhoneでの説明になりますが、Android系のスマホやタブレットでもやり方は一緒です。

クライアント用のOpenVPN接続プロファイルを用意する

やり方は前のエントリと同じです。サーバー側でクライアント用の設定ファイル(秘密鍵、サーバー証明書、クライアント証明書、HMAC認証用の静的鍵)を作成した後、*.ovpnファイルへコピーします。

ovpnファイルを作ったら、手元にダウンロードしておきます。

iPhoneにOpenVPN Connectをインストールする

IMG_3561

AppStoreから「OpenVPN Connect」をダウンロードしてインストールします。無料で使うことができます。

IMG_3562

インストールしたら、起動すると英語でいろいろと説明の書かれた画面のみが表示されます。

接続プロファイルをiPhoneに転送して設定する

接続プロファイルのインポート方法ですが、iPhoneをPCに接続してコピーする方法(これが一番安全かも)、iCloud Driveを経由する方法、メールで送付する方法などがありますが、一番お手軽な(でも安全ではない)メールで送る方法を使用します。

image

やり方は単純でovpnファイルをメールで添付ファイルとして転送するのみ。メールが送られてきたら、この添付ファイルをタップします。image

どのアプリから開くかを選択できるので「OpenVPNにコピー」を選択。

image

緑のプラスアイコンをタップすると、OpenVPN Connectに設定がインポートされます。

image

ダイアログが出るので「Allow」をタップ。この前後で、iPhoneのパスコードを要求されたら、それを入力します。

image

インポートが完了したら、接続可能な状態になるので、Disconnectedと表示された下あたりにあるスライドをタップします。

image

スライドスイッチが緑になって、その下にCONNECTION DETAILSが表示されればOKです。

image

「Connected」と表示されたところの右をクリックすると、詳細のログも見ることができます。

image

ちなみに、iPhone/iPadの設定AppからVPNの項目を通じて接続することもできます。他のVPN接続プロファイルが存在しない場合、ここからVPNへの接続/切断を行うことができます。接続に成功すると、右上に一瞬だけ「VPN」の文字が表示されます。

image

また、設定の詳細は「一般」の項目をタップして、下のほうに「VPN接続」の項目があります。接続設定が複数ある場合はここから接続の切り替えができるほか、接続情報などを見ることができます。ただし設定はOpenVPN Connectのアプリから行うことになります。

接続テスト

接続の確認はhttpが起動していればブラウザからVPNサーバのIPアドレスで表示できるか確認するのが手っ取り早いと思います。まだhttpdが起動していない場合などは、別の方法で確認します。おそらく、SSHが起動していると思うので、FTPクライアントソフト(FileExplorer)などがあれば、そこからSFTP接続してみるのが簡単かと思います。

Androidの場合の注意事項

Androidの場合、スリープ状態になるとVPN接続が切れてしまう場合があります。アプリ側で自動的に復帰するように設定しても上手くいかないようなので、そういう場合は以下のいずれかの方法でご対処ください。

  • 接続へのショートカットをホーム画面に作成し、切れたら手動で再接続する。
  • OSの設定を変更しスリープ時にアプリケーションが起動したままになるようにする。

後者の場合、電池の消費量も増えますのでご注意ください。

iPhone/iPadの場合は、スリープに入った場合でもVPN接続は保持されているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください