DB2 Express-C 11.1にCUIで言語パックを適用して日本語化する。

DB2 Express-Cのインストール直後はメッセージが英語のままなのでNational Language Package(NLPack)をインストールしておきます。ちなみにこれは表示されるメッセージを日本語化するものなので、これをインストールしないと日本語が使えない・・というわけではないので、この作業は必須ではありません。

すでに本体であるDB2 Express-Cはインストール済、下記のディレクトリでnlpackは展開済みの想定で進めます。

[root@sakura db2]# ls -la
合計 1194968
drwxr-xr-x   4 root root        98  3月 31 05:00 .
dr-xr-x---. 10 root root      4096  3月 31 13:04 ..
drwxr-xr-x   3 root root       121  3月  3 12:28 expc
drwxr-xr-x   4 root root        79  6月 11  2017 nlpack
-rw-r--r--   1 root root 775660192  3月 31 04:57 v11.1_linuxx64_expc.tar.gz
-rw-r--r--   1 root root 447978038  3月 31 04:57 v11.1_linuxx64_nlpack.tar.gz
[root@sakura db2]#

基本的に下記にFAQがあり、CUIでインストールする方法があるのでそれの通りに作業します。

すでにインスタンスを作成済みの場合は、事前にインスタンスを停止させておいてください。

言語パックのインストールは、expcディレクトリの配下にあるdb2-installコマンドを使用します。

./db2_install -b /opt/ibm/db2/V11.1/ -p expc -c /root/db2/nlpack/ -L JP

―bオプションでインストール済みDB2 Express-Cのベースディレクトリを指定、-pオプションはDB2 Express-Cの短縮名である”expc”を指定、 -cオプションでNLPackを展開したディレクトリ -L JPオプションは日本語をインストールする設定です。

[root@sakura expc]# ./db2_install -b /opt/ibm/db2/V11.1/ -p expc -c /root/db2/nlpack/ -L JP
DB2 データベース「Server」 の要件と一致しませんでした。バージョン:「11.1.3.3」。

現行システムで満たされていない前提条件の要約:

   DBT3514W  db2prereqcheck ユーティリティーは次の 32 ビット・ライブラリー・ファイルの検出に失敗しました: 「/lib/libpam.so*」。


DBT3514W  db2prereqcheck ユーティリティーは次の 32 ビット・ライブラリー・ファイルの検出に失敗しました: 「libstdc++.so.6」。


CD の db2/license ディレクトリーにある使用許諾契約書ファイルをお読みください。

***********************************************************
ご使用条件に同意する場合は、「yes」と入力します。同意しない場合は、「no」と入力してインストール処理をキャンセルします。[yes/no]

ここでyesと入力。DB2 Express-C本体のインストールと手順は変わりません。

DB2 データベース「Server」 の要件と一致しませんでした。バージョン:「11.1.3.3」。

現行システムで満たされていない前提条件の要約:

   DBT3514W  db2prereqcheck ユーティリティーは次の 32 ビット・ライブラリー・ファイルの検出に失敗しました: 「/lib/libpam.so*」。


DBT3514W  db2prereqcheck ユーティリティーは次の 32 ビット・ライブラリー・ファイルの検出に失敗しました: 「libstdc++.so.6」。


DB2 インストールを初期化しています。

 実行されるタスクの合計数: 9
実行される全タスクの合計見積もり時間: 440 秒

タスク #1 を開始します。
説明: 制御タスクの実行
見積もり時間 20 秒
タスク #1 が終了しました。

タスク #2 を開始します。
説明: グローバル・レジストリーの更新
見積もり時間 20 秒
タスク #2 が終了しました。

タスク #3 を開始します。
説明: db2ls および db2greg リンクの更新
見積もり時間 1 秒
タスク #3 が終了しました。

タスク #4 を開始します。
説明: デフォルト・グローバル・プロファイル・レジストリー変数の設定
見積もり時間 1 秒
タスク #4 が終了しました。

タスク #5 を開始します。
説明: インスタンス・リストの初期化
見積もり時間 5 秒
タスク #5 が終了しました。

タスク #6 を開始します。
説明: DB2 インスタンスの構成
見積もり時間 300 秒
タスク #6 が終了しました。

タスク #7 を開始します。
説明: 既存の DB2 インスタンスの更新
見積もり時間 60 秒
タスク #7 が終了しました。

タスク #8 を開始します。
説明: DB2 更新サービスの登録
見積もり時間 30 秒
タスク #8 が終了しました。

タスク #9 を開始します。
説明: グローバル・プロファイル・レジストリーの更新
見積もり時間 3 秒
タスク #9 が終了しました。

正常に実行が完了しました。

詳しくは、「/tmp/db2_install.log.2403」にある DB2
インストール・ログを参照してください。
[root@sakura expc]#

こまごまとメッセージが出ていますが、気にしなくて良いようです(ほんとか?)

念のため、NLPackがインストールされていることを確認します。db2inst1ユーザーで作業します。

[root@sakura expc]# su - db2inst1
最終ログイン: 2018/03/31 (土) 13:04:51 JST日時 pts/0
[db2inst1@localhost ~]$
[db2inst1@localhost ~]$ db2ls -q -b /opt/ibm/db2/V11.1/ -a

インストール・パス : /opt/ibm/db2/V11.1

フィーチャーの応答ファイル ID  レベル  フィックスパック   フィーチャーの説明
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
BASE_CLIENT_R                      11.1.3.3          3   Base Client Support for installation with root privileges
DB2_PRODUCT_MESSAGES_EN            11.1.3.3          3   Product Messages - English
BASE_CLIENT                        11.1.3.3          3   Base client support
JAVA_RUNTIME_SUPPORT               11.1.3.3          3   Java Runtime Support
DB2_JAVA_HELP_EN                   11.1.3.3          3   Java Help (HTML) - English
BASE_DB2_ENGINE_R                  11.1.3.3          3   Base server support for installation with root privileges
GSK                                11.1.3.3          3   Global Secure ToolKit
JAVA_SUPPORT                       11.1.3.3          3   Java support
SQL_PROCEDURES                     11.1.3.3          3   SQL procedures
ICU_SUP                            11.1.3.3          3   ICU Utilities
JAVA_COMMON_FILES                  11.1.3.3          3   Java Common files
BASE_DB2_ENGINE                    11.1.3.3          3   Base server support
DB2_DATA_SOURCE_SUPPORT            11.1.3.3          3   DB2 data source support
SPATIAL_EXTENDER_SERVER_SUPPORT    11.1.3.3          3   Spatial Extender server support
DB2_PRODUCT_MESSAGES_JP            11.1.3.3          3   Product Messages - Japanese
LDAP_EXPLOITATION                  11.1.3.3          3   DB2 LDAP support
INSTANCE_SETUP_SUPPORT             11.1.3.3          3   DB2 Instance Setup wizard
ACS                                11.1.3.3          3   Integrated Flash Copy Support
SPATIAL_EXTENDER_CLIENT_SUPPORT    11.1.3.3          3   Spatial Extender client
COMMUNICATION_SUPPORT_TCPIP        11.1.3.3          3   Communication support - TCP/IP
APPLICATION_DEVELOPMENT_TOOLS      11.1.3.3          3   Base application development tools
DB2_UPDATE_SERVICE                 11.1.3.3          3   DB2 Update Service
EDB                                11.1.3.3          3   EnterpriseDB code
DB2_SAMPLE_DATABASE                11.1.3.3          3   Sample database source
TEXT_SEARCH                        11.1.3.3          3   DB2 Text Search
CLPPLUS                            11.1.3.3          3   Command Line Processor Plus
DB2_JAVA_HELP_JP                   11.1.3.3          3   Java Help (HTML) - Japanese
FIRST_STEPS                        11.1.3.3          3   First Steps
EXPC_PRODUCT_SIGNATURE             11.1.3.3          3   Product Signature for DB2 Express-C
[db2inst1@localhost ~]$
[db2inst1@localhost ~]$ db2ls -q -b /opt/ibm/db2/V11.1/ -a | grep Message
DB2_PRODUCT_MESSAGES_EN            11.1.3.3          3   Product Messages - English
DB2_PRODUCT_MESSAGES_JP            11.1.3.3          3   Product Messages - Japanese
[db2inst1@localhost ~]$

db2lsでインストールされているフィーチャー(機能)の一覧を表示し、Product Messages – Japaneseがあればインストール成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください