Windowsクライアントから他のサーバーのDB2に接続する。

DB2 Express-C 11.1のDB2サーバーにクライアントPC(Windows)から接続する設定を行います。

WindowsからDB2に接続するには、ODBCドライバとIBM Data Server Clientが必要です。

image

上記のサイトから、自分の使っているOSにあったバージョンのIBM Data Server Clientをダウンロードしてください。

QS_20180331-122918

ダウンロードしたらファイルを展開、中にあるインストーラーを起動します。「製品のインストール」に「IBM Data Server Client バージョン 11.1.3.3」というのがあるので、この製品をインストールします。

QS_20180331-122942

ウィザード形式なので、特に迷うことはないかと思います。

QS_20180331-123109

インストールするフィーチャー(機能)を選択します。今回はGUIの管理ツールなどはインストールせず、全てコマンドライン(CLI)で実行します。

QS_20180331-123137

JDBC/ODBCの類は忘れずにインストールします。

次にリモート(10.8.0.1)にあるDB2データベースを、ローカルのDB2クライアントに登録する作業を実行します。DB2 コマンド・ウィンドウ(管理者)というツールがインストールされているはずなので、それを起動します。中身はコマンドプロンプトです。

image

まずはリモートのDB2サーバーを指定したノードをカタログに追加するコマンドを実行します。

DB2 catalog tcpip node <<<ノード名>>> remote <<<IPアドレス>>> server <<<ポート番号>>> ostype linux

ノード名は適当な名前を付けます。ただし8文字くらいでないとエラーになるかもしれません。IPアドレスとポート番号はDB2サーバーが起動しているマシンのIPアドレスとポート番号です。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>DB2 catalog tcpip node sakura remote 10.8.0.1 server 50000 ostype linux
DB20000I  CATALOG TCPIP NODE コマンドが正常に完了しました。
DB21056W  ディレクトリーの変更は、ディレクトリー・キャッシュがリフレッシュされる
まで反映されません。

つづいて作成したノードにデータベースを追加します。

db2 catalog database <<<データベース名>>> as <<<クライアント上のデータベース名>>> at node <<<ノード名>>> authentication server

データベース名は、Windowsクライアントで使用する名前、クライアント上のデータベース名(のちほどODBCデータソースの設定しようするデータベース別名)を指定して、先ほどのノード名も指定します。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>db2 catalog database sakura as sakuradb at node sakura authentication server
DB20000I  CATALOG DATABASE コマンドが正常に完了しました。
DB21056W  ディレクトリーの変更は、ディレクトリー・キャッシュがリフレッシュされる
まで反映されません。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>

最後にtermiateでリフレッシュさせます。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>db2 terminate
DB20000I  TERMINATE コマンドが正常に完了しました。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>

念のためデータベースに接続できることを確認しておきます。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>db2 connect to sakura user sakura using sakura

   データベース接続情報

 データベース・サーバー = DB2/LINUXX8664 11.1.3.3
 SQL 許可 ID            = SAKURA
 ローカル・データベース別名 = SAKURA

接続できたら、db2コマンドでコマンドラインプロセッサー(DB2 CLP)を起動します。

C:\Program Files\IBM\SQLLIB\BIN>db2
(c) Copyright IBM Corporation 1993,2007
DB2 クライアント 11.1.3.3 コマンド行プロセッサー

コマンド・プロンプトからデータベース・マネージャーのコマンド、および SQL
ステートメントを呼び出せます。 例:
    db2 => connect to sample
    db2 => bind sample.bnd

一般ヘルプには ? をタイプしてください。
コマンドのヘルプには ? command をタイプしてください。 command
には、データベース・マネージャー・コマンドの
最初のいくつかのキーワードを入力します。 例:
 ? CATALOG DATABASE は CATALOG DATABASE コマンドのヘルプです。
 ? CATALOG          は全 CATALOG コマンドのヘルプです。

db2 対話モードを抜けるには、コマンド・プロンプトで QUIT とタイプしてください。
対話モード以外では、すべてのコマンドに接頭語 'db2' を付ける必要があります。
現在のコマンド・オプションの設定をリストするには、 LIST COMMAND OPTIONS
とタイプしてください。

詳細は、「オンライン・リファレンス」を参照してください。

db2 =>

とりあえずこれでOKそうです。

インストールと設定が終わったら、Windowsのスタートから「Windows 管理ツール」の中にある「ODBC データソース アドミニストレータ」を起動します。32ビット版と、64ビット版の2種類があるので、インストールしたIBM Data Server Clientのバージョン(Windows 32ビットか、64ビットか)に合わせて選択して起動します。

QS_20180331-123639

右上の追加ボタンをクリック。

QS_20180331-123653

セットアップするデータソースのドライバーにDB2が追加されていればOKです。

QS_20180331-181030

「IBM DB2 ODBC DRIVER – DB2COPY1」を選択して、データベース名を追加します。データベース別名は先ほどコマンドで追加したデータベース名です。

最後にSQLクライアントでの設定を確認します。

image

A5SQLの場合は、ODBCデータソースを直接読み込んで接続できますので、データベースの追加と削除を開いて、「64Bit ODBCシステムデータソースを列挙する」「64Bit ODBCユーザーデータソースを列挙する」のいずれかまたは両方にチェックを入れることで、改めて設定を追加せずにDBへ接続することができます。

image

追加する場合は「ADO(OLE DB, ODBC)」で接続します。結局のところODBCなので、データソースの列挙が手っ取り早いです。

image

データソース名は、ノードに追加した一覧がでてくるので、ユーザ名/パスワードを入力してデータリンクを完了させます。

image

設定したデータベースに接続できたら完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください