オレオレ証明書をクライアントにインストールする(iOS編)

iPhoneでオレオレ証明書で構成したhttpdサーバにアクセスした場合も、証明書エラーが出るのでこちらにもサーバー証明書をインストールしておきます。

IMG_3612

なりすましているも何も、本人なのですが、ここまで大きな表示にしないといけないくらい、詐欺事件が多いってことですよね。

まずはサーバー証明書を適当な手段で、iPhoneにコピーしてきます。メールが手軽で(安全ではないですが)良いかと思います。

IMG_3617

メールに添付したサーバー証明書をタップします。

IMG_3618

プロファイルのインポートダイアログが開くので、インストールを選択します。詳細をタップすると、この証明書の詳細情報を見ることができます。基本的にオレオレ証明書をわざわざ見ることは無いと思いますが、興味のある方はどうぞ。

IMG_3623

道中、いろいろと警告ダイアログが出ますが、それらを乗り越えてインストールします。ただ、残念ながらiPhoneの場合、これだけではルート証明書が有効になりません。もう一段階の設定が必要です。

IMG_3626

iPhoneの「設定」から、「一般」→「情報」と辿っていって「証明書信頼設定」を開きます。ここで先ほどインポートしたサーバー証明書を「有効」にします。またいろいろと警告ダイアログが出ますが、「続ける」で先へ進みます。

IMG_3624

これでもう一度、Safariでサーバーにアクセスしてみて、最初の警告画面が出なければ設定完了です。

詳細はAppleのサイトの情報を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください